2015年02月19日

インラック元首相起訴される

予定通りというか何と言うか事態は進行しております。
タクシン派つぶしによるタクシン派のいない民主主義での選挙が到来するのか?それとも国が二分する事態になるのか?
わし、これ以上よう言わんは。


インラック前首相を起訴 「コメ買い取り制度」巡り
毎日新聞 2015年02月19日 19時05分

 【バンコク岩佐淳士】タイ検察当局は19日、タクシン元首相の妹インラック前首相が実施した「コメ買い取り制度」の不正疑惑を巡り不正を見逃したとして、インラック氏を職務怠慢罪などで最高裁判所に起訴した。最高裁は3月中旬にも受理するかどうかを判断。公判で有罪となれば最長10年の禁錮刑となる。軍事政権は戒厳令でタクシン派の抗議活動を抑え込んできたが、反発が増すのは必至だ。

 コメ買い取り制度は2011年に発足したインラック政権が支持基盤とする農家の所得向上のため実施。しかし、国家汚職追放委員会は、この制度が国庫に6000億バーツ(約2兆1850億円)以上の損失を与えたほか、汚職の温床になったとして、インラック氏を告発していた。

 インラック氏は1月下旬、軍政が設置した暫定議会に弾劾を決議され、5年間の政治活動禁止となっている。また、国家汚職委は財務省に対し、インラック氏に巨額の「損失」の補てんを求める賠償請求を勧告。インラック氏は民事訴訟でも責任を問われる可能性がある。

 農村住民や貧困層らが中心のタクシン派は軍や官僚による「エリート支配」を敵視。裁判所や国家汚職委は反タクシン派寄りとされ、タクシン派は「軍政主導のタクシン派排除が行われている」と反発を強めている。
タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
posted by ショーン at 21:48| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ国内情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

タイではありがちなATM盗難だけど

外国人のスキミングやらATM強奪などは結構昔からありますが、なんせタイのATMは日本のそれと違い簡単に盗めそうな設置の仕方をしています。
今回は犯人が低年齢。ヤーバーの密売など安易な犯罪に手を染めるタイ人がふえている感じがします。
《newsclip》の記事から引用


バンコク郊外でATMごと盗む 3人逮捕
2015年2月18日(水) 11時30分(タイ時間)

10573.jpg
【タイ】16日未明、バンコク郊外のパトゥムタニ県で、レストランの外壁に設置されたクルンタイ銀行のATM(現金自動支払機)が壁から引き抜かれ、盗まれた。

 警察はこの事件で、同日午後までに、男2人(22、20)と少年1人(16)を強盗などの容疑でバンコク都内で逮捕し、犯行に使われたとみられる乗用車1台とピックアップトラック1台を押収、乗用車の中にあったATMを回収した。ATMの中の現金約200万バーツは無事だった。《newsclip》

タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
posted by ショーン at 17:11| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

たかがタクシー、されどタクシー

バンコクのタクシーは悪評高く、メーターを倒さない、行き先によっては乗車拒否するなど「乗せてやる・金はもらってやる」感覚の運転手が多いが、最近、スワンアプーム空港で日本人がタクシーがメーターの使用を拒否したり、入国審査で待たされたことなどを「フェイスブック」に日本語とタイ語で書き込んだところ、1月20日までに「いいね!」が約2万7000に上るなど大きな反響を呼んだそうな。
観光に力を入れているタイだが、やっと重い腰をあげたようで。

9962.jpg


邦人男性書き込みが大反響 バンコク空港のタクシー処罰
2015年1月20日(火) 17時41分(タイ時間) NEWSCLIPBRの記事から引用

写真提供、Suvarnabhumi Airport
【タイ】バンコクのスワンナプーム空港を利用した日本人男性がタクシーがメーターの使用を拒否したり、入国審査で待たされたことなどを「フェイスブック」に日本語とタイ語で書き込んだところ、20日までに「いいね!」が約2万7000に上るなど大きな反響を呼んだ。

 男性の指摘はタイのテレビ、新聞でも取り上げられ、事態を重視したタイ当局は19日、メーターの使用を拒否したタクシー運転手に1000バーツの罰金を科し、空港での客待ちを禁止した。

 書き込みによると、この男性は17日にベトナムからスワンナプームに到着した際、入国審査で30分待たされた。混雑していたにも関わらず、入国審査のカウンターの一部は職員がおらず閉鎖されたままだった。

 その後、タクシー乗り場からタクシーに乗車したところ、運転手がメーターの使用を拒否し、運賃として700バーツを要求。男性はこのタクシーから下りて、乗り場の責任者に抗議したが、取り合ってもらえず、別のタクシーに乗ることになった。

 スワンナプーム空港のタクシー乗り場で待機しているタクシーはすべて登録済みで、約5000台。当局が「審査」「登録」した運転手ばかりだが、「メーターの使用を拒否された」「料金をぼったくられた」「遠回りされた」といった苦情が後を絶たない。運転手が酒に酔っていたり、覚醒剤で酩酊(めいてい)していることもしばしばだ。服装や態度も問題が多く、タイ人同士でもトラブルが多発している。別の選択肢である電車は運行が1時間に数本程度と使い勝手が悪い。

 空港当局は過去に何度かスワンナプーム空港のタクシーサービスの改善に取り組んだが、大きな成果は上がっていない。昨年には2300万バーツを投じ、自分でタクシーの手配ができるキオスク端末をタクシー乗り場に設置したが、活用されず、現在は職員がキオスク端末のボタンを押して、タクシー運転手の名前などが印刷された紙を乗客に渡すだけとなっている。


さらには最近LCCに対していちゃもんをつけた長距離バス業界からタクシー業界にこんな参入も

配車アプリ活用、車はプリウス、運転手は社員 タイのバス会社がタクシー業界参入
2015年2月13日(金) 03時23分(タイ時間)
10424.jpg
10427.jpg
【タイ】タクシー配車アプリを活用し、車両はトヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」、運転手は全員訓練を受けた社員で、乗車拒否なし、メーター使用、下車時には走行距離・時間などを印刷した領収書を発行。

 タイでは考えられない、こうしたタクシーの実現に向け、タイの長距離路線バス会社ナコンチャイエアがタクシー業界に新規参入する。投資額は約7億バーツ。

 使用するタクシー車両は「プリウス」の新車500台。1000人超の運転手は全員、研修を受けた社員で、固定給と成果給、賞与を支払う。運転手の言動は厳しく監視統制し、乗車拒否やメーターの使用拒否、粗暴な振る舞いなどがあった場合は処罰する。

 乗客はタクシー配車アプリを使ってスマートフォンから、もしくはコールセンターを通じ、タクシーを呼び、通常の運賃のほか、20バーツの迎車料金を支払う。

 4月から配車アプリ「ALL THAI TAXI」の提供を始め、5月1日に本格的にタクシーサービスを開始する予定だ。

 ナコンチャイエアは大型バス数百台を運行。2013年は売上高10億1900万バーツ、最終利益1800万バーツだった。

 タイのタクシーは、タクシーを所有する会社から個人が車両を借りて営業し、売り上げから車の借賃を支払うケースが多い。管理体制がほとんど存在しないため、乗車拒否は当たり前で、空港や繁華街では、メーターの使用を拒否し、料金をふっかける運転手が後を絶たない。粗暴な接客態度、乱暴な運転や飲酒運転、覚醒剤の使用なども大きな問題となっている。当局は取り締まりに乗り出しているが、効果はほとんど上がっていない。

タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすま人気ブログランキング


人気blogランキングへ




posted by ショーン at 16:20| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ交通機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

タイ・エアアジアXが日本就航、来年3月下旬に増便


今、タイでは日本ブーム。
製品キャンペーンの賞品に日本旅行を設定する企業もちらちら出てきました。
小松-スワンナプーム間のチャーター便が今年10月から三月まで3回飛ぶなど、日本への観光客を念頭に置いた動きが始まりました。

エア アジアXのタイ国版が日本乗り入れ。
いよいよ、ドムアン-成田・関空の直行便がスタートしました。

詳細は記事をご覧ください。
今キャンペーンで安いですね。
7216.jpg7215.jpg
Newsclib.be から引用
【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジア傘下でタイを起点に中長距離路線を運航するタイ・エアアジアXは1日、バンコク(ドンムアン空港)―成田(毎日1往復)、バンコク―関西(週5往復)の運航を開始した。エアアジア・グループによるタイ日本直行便は初めて。

 バンコク発成田行きの最初の便にはタイ・エアアジアXのナダー最高経営責任者(CEO)とタイ・エアアジアのトサポンCEOが搭乗した。ローシーズンにもかかわらず、搭乗率は80%だった。2015年第1四半期の予約率はすでに50%に達している。

 タイ・エアアジアXは日本路線の需要が今後拡大すると見込み、来年4月のタイのソンクラン(タイ正月、水かけ祭り)の連休に合わせ、2015年3月26日から、バンコク―成田を1日2往復に、バンコク―関西を毎日1往復に増便する。増便後、バンコク―成田間の輸送力は週1万556席に、バンコク―関西間の輸送力は週5278席になる。

 タイ人の間で、日本は比較的近い先進国、北国で、観光資産が豊富、安全な旅行先として人気が高まっている。リピーターも多い。日本政府観光局(JNTO)によると、日本を訪れたタイ人は2012年が前年比80%増の26万800人、2013年が74%増、45万3600人、今年1―7月は前年同期比61%増、37万3500人だった。

 タイ・エアアジアXは資本金4億バーツで、タイ資本が51%、マレーシア側が49%出資。6月17日、最初の路線であるバンコク―ソウル(仁川空港)線に就航した。使用機材はエアバスA330―300型機で、ビジネスクラス12席、エコノミー365席。
posted by ショーン at 13:57| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

光通信御曹司、どないしたんや!

最近ニュースをにぎわしている「僕ちゃん」の話、記録のためにアップします。
タイで邦人男性が代理出産で産ませたとみられる乳幼児が、保護された問題ですが、
代理母を斡旋する団体の創設者は、男性の依頼で昨年代理母を紹介したと説明しているようです。
男性が「毎年10人は子供を作り続けたい」と話すのを聞き、ICPOに通報したもよう。

重田さんなんでするの?動機がわからん。
相続税がないっていってもね、子供に全部持っていかれるよ。2,3名でいいじゃん。何人作るつもりか?
よくわかりません。子供1000人計画て、国でも作るんかい?

ミステリーオブ2014 大賞候補ですか。



東スポの記事から

タイ代理出産騒動 24歳男性の100億円超える“子供1000人計画”
2014年08月17日 08時00分
 タイで多数の乳幼児が発見され、日本人の資産家男性(24)が代理出産で産ませたとみられる騒動で、男性は100〜1000人の子供をもうける壮大な野望があったという。出産・養育費用はいったい、いくらかかるのか――。

 タイ当局の調べでは、マンションで見つかった9人以外に6人の子供が既に生まれ、1人は妊娠中だった。また、タイ以外でもインドで2人の子供を既に代理出産で産んでいたという。日に日に子供の数は膨れ上がっており、一部メディアによれば、男性は「毎年10〜15人の子供が欲しい。100〜1000人の子供をもうけたい」「世界のためにたくさん子供を残す」などと話していたという。

 タイでの代理出産で、男性は代理母に1人30万〜40万バーツ(約94万〜約129万円)の謝礼を支払っている。そのほかにクリニック側へ診察・処置費用、仲介業者への手数料などが発生する。日本人向けに代理出産を仲介する業者のホームページによれば、欧米に比べ、タイは安価とはいえ、それでも相場は約500万円前後という。

 出産費用だけでない。男性は子供1人ずつにベビーシッターを充て、月20万バーツ(約64万円)を支払っていた。成長していけば、学校へ通わせなくてはならなくなる。男性はカンボジアにも拠点を構え、既に4人の子供を移動させたとみられる。

 東南アジア事情に詳しい関係者は「物価が安いといってもタイで日本の5分の1、カンボジアで10分の1ぐらい。日本並みの教育を受けさせるならインターナショナルスクールなどに通わせ、年100万円はかかる」と話す。

 少なくとも15人の子供をもうけていた男性は、代理出産費用だけでも既に1億円近くがかかっていることになる。男性が野望の通り、100人もの子供をもうけるならば出産費用で5億円、成人するまでの養育費用を少なくとも1人1000万円と見積もれば、10億円にもなる。1000人の子供となればその10倍の額で、100億円を超える。億万長者とみられる男性だが、その財産の大半を子供につぎ込む計算になる。

 なお、日本人男性が18日にもタイを訪問して事情を説明するとの情報について、タイ警察幹部は「そうなるよう希望している」と述べた。
posted by ショーン at 19:11| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

放置しまくり

なんか久しぶりの投稿ですね。
近々タイへ行きます。
詳細はまた。
しかしどうなってんでしょうか?タイ情勢。
posted by ショーン at 15:29| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ国内情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

パラドンその後

なんでも、昨年だか一昨年だかの選挙で投票していなかったらしく、立候補自体が無効になったようで。
そんなこと事前に分かっているだろうに。
タイ人って笑えますね。

タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすま人気ブログランキング


人気blogランキングへ




タグ:パラドン
posted by ショーン at 15:54| バンコク ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | タイ国内情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

古い話ですがミスターテニスのパラドンが

最近日本では元衆議院議員のスギムラ タイゾー君がTVに引っ張りだこですが、薄口政治評論家だとかなんだとか言われ、おばかタレント扱いされています。彼は元テニス選手で高校時代ダブルス北海道代表だとか。でもこちらはアジアの貴公子でっせ。

 知り合いの元国家公務員に聞いたところでは、タイテニス協会の会長が同党の幹部(コラート出身)らしく、その関係での出馬となった模様です。尚、同党はタクシン支持です。


タイのテニススター、パラドンさん 次期下院選に出馬


新しいビットマップ イメージ.bmp
タマリンさん(左端)、ナタリーさん(左から3人目)、パラドンさん(同4人目)、スワット元副首相(同5人目)

【タイ】元男子プロテニス選手のパラドン・シーチャパンさん(31)が4月11日、バンコク都内のホテルで記者会見を開き、今年6、7月に実施される見通しの下院総選挙にチャートパタナープアペンディン党から出馬すると発表した。

 記者会見には同党幹部でスポーツ界支援で知られるスワット元副首相、パラドンさんの前妻で2005年ミスユニバースのナタリー・グレボワさん(29)、タイを代表する女子プロテニス選手のタマリンさんらが同席した。

 パラドンさんは生まれ故郷の東北部コンケンではなくバンコクで立候補する考え。当選した暁にはスポーツ振興に力を入れたいと抱負を述べた。

パラドンさんは男子テニスツアーで通算5勝を挙げ、2003年にはアジア人で過去最高の世界ランク9位に入った。過去数年はけがで試合をせず、昨年、正式に引退した。カナダ人のナタリーさんとは慈善事業などを通じて知り合い、2007年に結婚。ビッグカップルの誕生として話題を集めたが、昨年、離婚したことを明らかにした。

タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすま人気ブログランキング


人気blogランキングへ





posted by ショーン at 18:18| バンコク ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | タイ国内情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

ユニークなタイミュージック

先日、市場で露天商が売っていた違法コピーと思われるタイミュージック160曲も入っている、たぶんDVDを100Bで入手しました。
写真1(thai Orathai, や Tuktan Chollada などの写真ですが)
Thai mujic160.jpg


ちょっと面白いのがあったので皆さんにも紹介したいと思います。知ってる人もいるかも。
Go-Kai-Kub-Nai Son という2人組の歌です。笑えますよ。
ชุดที่ 3 เรื่องของคนปนกับหมา เรื่องของคนปนกับหมา โกไข่ กับ นายสน
写真2
6204.jpg

こちらで鑑賞をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=_GdyNJ1ATFU  


タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすま人気ブログランキング


人気blogランキングへ




posted by ショーン at 00:23| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

「在宅で高収入」、タイ法務省が警告

タイでは以前からいろんなマルチ商法がはやっております。

アムウェイはダラー(スターのこと)が化粧品を使っているとかで一流品の扱いを植えていますが、健康下着のサミット(北海道)などもバンコクに拠点を置いて活動しています。

 最近は日本で盛んになってきたネットを活用したいかがわしい商法が当地でも盛んなようです。

タイ人はホイホイひっかるようですが、日本人の皆様もお気をつけあそばし。



以下バンコク週報から

「在宅で高収入」、法務省が警告 4/4 


法務省特別捜査局(DSI)は、「在宅で高収入」とうたったピラミッド商法の被害が増えており、特に就職活動中の新卒者は注意する必要があると警告している。

 DSIの担当者によれば、「会員になれば、自宅で1日数時間インターネットを使った仕事をするだけで月1万バーツ以上の収入になる仕事を紹介する」といったふれこみで1人当たり500バーツほどの会費を集め、また、「2人を会員にすれば、会費は返却する」などという手口で会員を増やしている。

 さらに、「商品を購入して販売すれば、儲かるし特典もある」と商品を買わせている。
 しかし、いつまでたっても仕事は紹介されず、商品も思うように売れず、その時になってやっとだまされたと気づくケースがほとんどという。


img001.jpg

<タンブンよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすま人気ブログランキング


人気blogランキングへ





CM:Skypeで日本からタイの携帯、固定にかけ放題で一ヶ月700円弱、私ランナムも使って重宝してます。申し込みはここをクリックしてね


posted by ショーン at 23:07| バンコク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。